場所(PLACE)一覧 >

井の頭恩賜公園
INOKASHIRA PARK

うさぎ館 Cafe du Lievre
ペパカフェ・フォレスト

吉祥寺駅の南に位置する井の頭恩賜公園。
大正6年5月1日に開園し、2017年に開園100周年を迎えました。
「井の頭公園」と呼ばれることが多く、吉祥寺のシンボルとして親しまれています。

井の頭池を中心に構成される公園にはボート場、競技場、野外ステージ、テニスコート(6面)、野球場があります。
三鷹市と武蔵野市にまたがり、面積は約38万m²(平成26年9月1日現在)。46,755m²ある東京ドーム8個分と概ね同じ広さです。

井の頭池

春にはソメイヨシノが咲き誇り、夏は緑に溢れ、一年を通して多くの人が訪れます。

江戸時代には人々の生活用水を確保するために、日本で最初の上水道である神田上水の水源として活用されていました。承応年間(1652年から1655年)に正式に利用され、1898年(明治31年)に改良水道が完成するまで使われていました。

秋には越冬のために渡来し、春には北へ帰る冬鳥も見ることができます。オナガガモ、ハシビロガモ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ユリカモメなどが羽を休めています。

スワン型や手漕ぎのボートを楽しむこともできます。ボート場の歴史は古く1929年(昭和4年)に開場されています。
ちなみに井の頭池のボートに恋人同士で乗ると別れるという噂があるのですが、あくまで噂ですのでご心配なく。

井の頭弁財天

公園の中にある井の頭弁財天。
弁財天の公式サイトによると、天慶年間(938年から946年)に関東源氏の祖・源経基が、伝教大師の延暦8年(789年)に作られた弁財天女像をこの地に安置したのが始まりで、その後、建久8年(1197年)に源頼朝が東国の平安を祈願してお堂を建立したとされています。

徳川家光時代の寛永13年(1636年)。焼失してしまった弁財天の宮社が再建され、水源の守り神・財産を授ける神・芸能・音楽の神として江戸庶民の信仰を集めていったそうです。
現在でもお参りにくる人をよく見かけます。

森の中にあるカフェ

公園の中には多くの食事処やカフェがあります。
なかでもオススメなのは「> ペパカフェ・フォレスト」と「> うさぎ館 Cafe du Lievre(カフェ・ドゥ・リエーヴル)」。
緑に囲まれた絶好のロケーションで、ペパカフェ・フォレストではアジア・エスニック料理、うさぎ館ではガレットやカレーを楽しむことができます。

西園

■競技場
西園には400mトラックを備えた競技場があります。夏は上半身裸でランニングをしたり、日焼けをしたりする人も多く見かけます。早朝はラジオ体操をする高齢者の方も。

下記の料金で、第2・4日曜日、毎週水曜日に貸切で利用することも可能です。

・午前(9:00から12:00)
3,200円(都内小中学校)、4,400円(学校及びこれに準ずるもの)、11,100円(その他)

・午後(13:00から17:00)
4,400円(都内小中学校)、5,800円(学校及びこれに準ずるもの)、14,400円(その他)

・1日(9:00から17:00)
7,600円(都内小中学校)、10,200円(学校及びこれに準ずるもの)、25,500円(その他)

申し込みの受付は2ヶ月前からになります。詳しくは下記に問い合わせましょう。
・東京都西部公園緑地事務所管理課
電話:0422471210

競技場の周辺にはテーブル付きのベンチも多く設置されています。毎朝、近所の方が拭いてくれているのでとても綺麗です。

■野球場
野球場は平日1時間1,200円、土・日・祝日は1時間1,500円で利用できます。

■テニスコート
砂入り人工芝コートが6面あります。1面1時間1,300円で利用できます。

野球場とテニスコートに関する詳細は、下記に問い合わせて確認しましょう。
・井の頭恩賜公園スポーツ施設管理センター
電話:0422443796

ちなみにテニスコートの近くには三鷹の森ジブリ美術館もあり。館内に入らなくても映画「ラピュタ」に登場する巨大なロボット兵の像を見ることができます。

「ちいさい秋みつけた」が生まれた場所

「ちいさい秋〜ちいさい秋〜ちいさい秋〜みつけた〜」で有名な名曲「ちいさい秋みつけた」のメロディが生まれたのも井の頭恩賜公園。日本を代表する作曲家・中田喜直が、昭和20年代前半に三鷹市に住んでいた当時、井の頭恩賜公園を散策していたときにこのメロディが浮かんできたそうです。

公園内のどこかに中田喜直の生誕90周年記念碑があるので探してみてください。

MAP



SNS

インスタグラム、ツイッターでも吉祥寺情報を発信しています。繋がりましょう。

> インスタグラム > ツイッター