和食(JAPANESE)一覧 >

さき田
SAKITA

2021.4.5

吉祥寺駅公園口から徒歩約25分。
井の頭公園を過ぎた吉祥寺通り沿いにある完全予約制の寿司処。
銀座久兵衛出身の若きご主人が握るお寿司を楽しめます。

定休日以外は18時から営業開始。日曜日は昼の12時からのみ営業。土曜日の夜は2週間先でも予約がなかなか取れません。
日曜日のランチタイムは比較的予約が取りやすく、予約客が12時に全員揃ってからコースがスタートします。

ご主人と女将さんの2人で営業しているため、電話での予約は営業時間外にしましょう。

15,000円のおまかせコースのみ

お店の扉を開けると和服姿の女将さんが笑顔で迎えてくれます。
靴を脱いで店内に入ると、角丸L字型に造られた木製の掘り炬燵式カウンター席(8席)のみの空間が広がり、坊主姿の大将が万全の準備をして待っています。

4月に訪問した際には下記内容のコース。時期により内容は異なります。

あら
ほたて
金目鯛
ほたるいか
かずのこ
あん肝
さわら
わかめ
すみいか
春子鯛(かすごだい)
しめ鯖
中とろ
大とろ
こはだ
牡丹海老
雲丹
はまぐり
穴子
たまご焼き

また、コースが中盤になってくると、手書きのドリンクメニューが置かれます。
ビール、ノンアルコール類、日本酒、焼酎など。
金額が明確に記載されているので、高級店にありがちな「金額が分からない不安」を抱くことはありません。

適度な会話と共にコースが進む

格式高い「さき田」。職人が握った寿司を順番に食べていくスタイルに緊張する人も多いでしょう。そんな客の心をほぐすように、大将がテキパキと握りながらお寿司に関連した話をしてくれます。

旬の魚の味の特徴、魚が獲れる日本海や太平洋沿岸の地形について。また料理を盛る器へのこだわりなど、幅広い知識を語りながら素材をさばき、握り、コースが進行します。

また、握り寿司は箸で食べても手で食べてもどちらでも問題ありません。
「好きなように召し上がって下さい。箸で食べたら硬めに握りますから。見てますから」とご主人。
その他にも分からないことなどがあったら遠慮なく聞いてみましょう。

ネタと舎利の相性、見た目の美しさなど、緻密に計算して仕上げたお寿司を味わう時間はとても贅沢。
中でも穴子はフワッとした食感が口の中に広がり、すぐに溶けていくような感覚。
コースの最後に出てくる卵焼きはほのかに甘く、デザートを兼ねた味わい。その美味しさにお土産として購入することはできないのかと、リクエストする客もいるほど。

今まで経験したことのないような食感、香りなどを楽しめるでしょう。

何でも語ってくれる大将

1980年生まれのご主人は、最初から独立することを見据えて銀座久兵衛に入店。
久兵衛時代には、そのブランド力が強いがゆえの悩みも多かったそうで、

「寿司を食べに来ておらず、見栄を張るためだけに来ている客も多い」

「ホテルのケータリングで。とんでもない数を握らなければならない。食べてくれる客の顔も見えないのに」

など、横にいる女将さんが「喋り過ぎよ」と言わんばかりの心配そうな表情をよそに、ざっくばらんに語る大将。

そんな経験も経て自分のお店「さき田」を開店したので、こだわりも強い。

「美味しいものを作るには空腹の状態で、自分が食べたいと思えていることが大切。なので客前に立つ時は必ず腹を空かせている」

「仕入れたネタでも客に提供できないと判断することもある。そのときは後で自分で食べる」

コースも終盤になると、大将が笑顔をみせることも多くなり、

「ここでは皆さん、お寿司を楽しみに来てくれるでしょ。それがいい」と語っているところが印象的でした。

ADDRESS
東京都三鷹市下連雀1-9-17
1-9-17 Shimorenjaku, Mitaka-Shi, Tokyo

TEL(18:00-20:00/SUNDAY:12:00からのみ。夜営業なし)
0422-71-3133
+81-422-71-3133

REGULAR HOLIDAY
火曜日
TUESDAY

MAP



SNS

Instagram、Twitter、Facebookページでも、吉祥寺の個人飲食店情報を中心に毎日発信しています。繋がりましょう。

> Instagram > Twitter > Facebookページ